‘アウトドア’ カテゴリーのアーカイブ

然別湖

2015年9月2日 水曜日

月末、ノーゲストになったので家族で然別温泉に行って来ました。

  
この然別湖の脇に東雲湖と言う小さな湖があります。そこには、ナキウサギが生息しています。見れたらラッキーなのですが、私は見れず奥さんは見れたそうです。

  
二人の子供はザックの中に座っていて、背負う親は大変でした。片道2時間の初級コース。三歳まじかの息子は頑張って1時間位は歩いてくれました。

  
十勝への道中、キツネや牧場の牛を見て息子は喜んでいました。

それでもやっぱり動物園の方が良かったみたいです。 

 
帯広の動物園です。

アキアジ

2014年9月26日 金曜日

IMG_0593.JPG

今シーズン初のアキアジ釣りにオホーツク海に行って来ました。

富良野から片道4時間。
枝幸近くの小さな川の河口です。

去年と川の流れが変わって、釣れるポイントも変わっていました。

残念ながら釣れませんでした。

来週出直しです。

復活

2014年9月3日 水曜日

image

image

image

八月上旬からブログの調子が悪く、更新が全く出来ませんでした。

今月に入りやっと時間が少しづつ出来て来たので修正を試みました。
どうにかアップ出来るまでなったようで、ホッとしました。

お盆の後半に学生の時からの友人、ほたかとけんが家族で富良野に遊びに来てくれました。
丁度タイミングが良く一緒にラフティングに行くことが出来ました。
天気は快晴、水の量もそれなりにありいいコンディションで川下りが出来ました。
さすが川だけのことはあり、水は冷たかったです。
なだらかな流れであったり落差があったりと楽しみました。
みんな楽しんでた様なので良かったです。

この日のツアーは4家族ボートが三艇。
富良野を流れる空知川の上流、シーソラプチ川を下りました。
ここは、ボートの国体が行われたりするとこで知名度もあります。
富良野の町からは1時間位車で走った所にあります。
春か秋にかけて下ることが出来ます。
やってみたい方お勧めです。

ラフティングが出来る会社は幾つか有りますが、今回は富良野の「アルパイン計画」さんのツアーに参加しました。

富良野岳と旭岳

2012年6月25日 月曜日

友人のお父さんが北海道の山を歩きに富良野に来ました。

一昨日、友人のお父さんとその友達1人、3人で富良野岳に行ってきました。

天候は霧雨で視界が良くなかったのが残念でした。

今シーズン初めてのトレッキング。DIYで忙しく今年の春はかなりの運動不足。ゆっくり歩き、小さな高山植物に元気をもらい山頂まで2時間半。十数人の方を見かけました。

行きはよいよい帰りは~~。疲れました。下山後は白銀荘で温泉を楽しんできました。

富良野岳の高山植物は山頂に近くなるにつれて増えてきました。見えてる斜面が一面花に覆われていると、来て良かったな~と思いました。

そして昨日。

再び3人で旭岳に行ってきました。この時期に旭岳を歩くのは初めてでした。ロープウェイで上がり、そこから2時間の登りです。

山頂の駅を降りると、残雪が残っていて雪の上からスタートとなりました。朝7時に乗りましたが、すでに多くの方たちが山頂に向けスタートしていました。

最初、多くの高山植物の群生エリアを歩き、池や噴煙を見ながら山頂までの登山道を進んで行きました。

さすが北海道で一番高い山だけあって、沢山の人達が来ていました。昨日の天候は悪くなかったですが、8合目を過ぎると視界が悪くなり山頂はガスでしかも強風と言う感じでした。

下山時、8合目あたりに来ると雲海が見え登りの時とは違った景色を楽しめました。

下山後は、勇駒荘の温泉で疲れを癒しました。

友人のお父さんと友達はこの2日間始めての北海道の山歩きを楽しんでもらえたようなので良かったです。また富良野に歩きに来ていただきたいです。

今年はバタバタしていてバイクも乗れてなかったですが、本日やっと出しました。オイルを交換しバッテリーをつなぎ始動!!セル一発でエンジンかかりました。

今年はどれくらい乗れるかな~~?

2011年9月30日 金曜日

月曜日の早朝に初めて鮭釣りをしました。

場所は道北の枝幸。

富良野からは片道230キロ。

友人のぺーさん、とよさん3人で

日曜日の晩11時に富良野を出発し約4時間。

途中、音威子府~枝幸で見た星は言葉に出来ないくらい綺麗でまるで宝石箱の様でした。

3時少し前に釣り場に着き仮眠を取ろうとしましたが、気持ちが高ぶり寝れずに周り見ながら準備しました。

まだ真っ暗な3時でも、ヘッドライトを付けて多くの人が釣りをしていました。

この日は、大潮で塩まわりは完璧でした。

釣りを始め30分位でぺーさんがヒット。

オスの鮭をあげました。

釣り上げてすぐ〆てえらを取り血抜きをし鮮度のいい状態にしました。

今回は鮮度にこだわっていたので、最後に神経じめ。

これをすると完璧な処理になります。

血抜きをした時点で鮭は死んでいますが、まだ神経は生きています。

その神経を断ち切り完全に息の根を止めます。

血抜きした尾の上に少し切れ目を入れ、細長いワイヤーを骨に沿って入れます。

そうすると死んでいる鮭がバタバタと動き完全に神経から〆たことになります。

この作業で、鮭の鮮度がものすごく良くなります。

数時間たち、とよさんは砂浜の上で寝てしまいました。

晩に、鮭のちゃんちゃん焼き、頭、はらすを焼きを食べました。

美味しかったです。

十勝岳

2011年8月25日 木曜日

8月22日十勝岳に行ってきました。

今回は3人で、9時に望岳台を出発。

富良野から見た時は、山の中腹に雲が見えて山頂は見えていました。

望岳台からは山頂は見えませんでした。

ゆっくり歩き、非難小屋を超えた辺りからガスがかかってきました。

このままガスがかかって山頂まで景色は見えないのかなと少しテンションが下がりました。

長い上り坂を登りきる頃にガスが取れて視界が良くなりました。

そこからは十勝岳の山頂がくっきりと見えて、周りの景色を楽しみながら歩きました。

山頂に着くまでに、いくつかの人達と会いました。

天気もよく結構沢山の人が歩いていて、早い人で5時半頃から歩き始めていたようで、9時スタートの僕たちは遅いスタートでした。

山頂でも数人いたので、写真を撮ってもらいました。

山頂に着いたのが12時だったので、出発して丁度3時間でした。

景色を見ながら昼食を食べ下山しました。

まだ雪が残ってるとこもありました。

北海へそ祭り と ラフティング

2011年8月1日 月曜日

7月28,29日と富良野で”北海へそ祭り”ありました。

毎年同じ日にあります。

チーム;インターナショナル

観光協会がメインで、外国人観光客の参加で構成するチームです。

そこの一員として2日間参加してきました。

今年は、28日、29日両日途中から土砂降りになりました。

天気予報的中。

29日はへそ踊りに合わせて雨が降ったような感じでした。

多くのチームが参加してそれぞれチーム色が出ていました。

へそ祭りは、踊りがメインになりますが昼間も色々なメニューがあって2日間は朝からずーっと色々なイベントが行われています。

今年は2日間とも雨にやられてしまったので最後の盛り上がりに欠けてしまった年になっちゃいました。

へそ祭りはよく雨に当たりますが、来年は晴れてもらいたいです。

そして昨日ダッキーやってきました。

ラフトガイドの友人に連れ立って、邪魔にならないように一緒について行かせてもらいました。

初ダッキー。

メッチャ楽しかったです。

ファミリーラフティングのポイントでしたので、緩やかな流れが多かったのですが初心者の僕たちには丁度良かったです。

流れが緩やかなポイントではプカプカ川の中でラッコの様に流されたりと、とても気持ちよかったです。

今日はラフトが2艇、ガイド含めダッキー3艇でした。

みんな楽しく川を下りました。

芦別岳~新道ピストン~

2011年7月26日 火曜日

昨日芦別岳に行ってきました。

芦別岳は標高1726メートル、、夕張山地最高峰です。

天気は曇り予報でした。

今回も旧道からではなく新道からのピストンにしました。

歩き始め1時間の所から山部の町が見えました。

少し雲がとれて晴れるのかなという感じがしましたが、標高が上がるにつれてガスの中に舞い戻ってしまいました。

普段から芦別岳の登山客は少ないですが、昨日は5組の方が歩いていました。

芦別岳は登りがだらだらと続き歩く距離も長いので中級以上の山です。

ここ最近の運動不足のせいか、体力の無さを痛感しました。

今日は太もも筋肉痛で歩行障害になっています。

山頂で出会った方に写真を撮ってもらいましたが、ご覧の通りガスで周りの景色は見れませんでした。

時折ガスが抜けて見える景色と、高山植物を楽しみながら歩きました。

久々に7月に山を歩きましたが、やっぱりこの時期は暑かったです。

『原始が原~富良野岳』縦走コース と 岡 ちゃん

2011年6月19日 日曜日

昨日、富良野 原始が原から富良野岳に縦走して歩き十勝岳温泉凌雲閣まで行ってきました。

原始が原コースは滝コース(幾つもの滝をめぐる)があるのですが、川を渡る橋が数年前に流されてから通行止めになっています。

ですので普通の山道を歩いていきました。

登山口には5台車があり他にも何人か山に入っていました。

2時間くらい歩くと原始が原と呼ばれている湿原まで行きます。

この湿原(湿地帯)にでる少し前で、他の登山者が下ってきました。

10人位いたでしょうか?

最後の方に見たことのある方によく似てる顔を見ました。

な、なんと サッカー元日本代表監督の岡ちゃんでした。

勿論あっという間で、こんにちはと声をかける山の挨拶だけでした。

まさかこんな所で見かけるとは思ってもなくてとてもびっくりしました。

その後湿原をしばらく歩き、最後に富良野岳に向かい登って行きました。

湿原のあたりから雪渓が出てきて歩きやすいのか歩き辛いのかという感じでした。

途中雪渓の上に熊の足跡がありました。

5本の爪の後がはっきりとあったので間違いありません。

ちょっと大きかったので嫌な感じになりました。

ちょうどこの頃から雨が降り出しました。

山頂に着いたときにはガスも発生して景色は残念ながら見えませんでした。

でも、このコースで富良野岳山頂は初めてだったので満足でした。

山頂から下りはじめると雨が一時的に止んで周りの景色見えました。

こんな景色もなかなか見れないのでとても気持ちよく見れました。

そういえば、2週前の富良野西岳、先週の摩周岳に続いて原始が原から富良野岳への縦走。

3週間(3回)連続天気に恵まれず雨にやられました。

こんなことは滅多にないので次に山に行く時が楽しみです。

わらび

2011年6月17日 金曜日

今朝5時からワラビを採りに行ってきました。

日中気温が上がる予報でしたので涼しいうちに。

ぶよも涼しいうちはいませんでした。

今日のワラビは干しワラビにしました。

なべいっぱい3回に分けて茹でましたが干した後はかなり少なくなりました。

8時前には処理も終わったので、そのあと自転車に乗ってサイクリング。

天気も良くてとても気持ちよかったです。